忍者ブログ
化学屋
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この一ヶ月間、かなり自分の将来について考えさせられた。


そして、そろそろ本腰を入れるべく時期にさしかかっているのかもしれない。



今、自分は『化学』という学問を専攻しています。でも、これを将来に生かそうとすると、なかなか難しいものなのである。

例えば、どんな職業があるか??

研究者、技術者、学校の先生、国家公務員、地方公務員…っていうのがぱっとでてきた。


まず、研究者。

これは、色々調べると、企業で働いている人は大学で学んだ知識をなかなか生かせないで悩む人が多いらしい。いつも単調な測定、分析しかさせてもらえずに、それでいて新しい知識も学ぶ時間とチャンスを与えてくれないらしい。


そういうことを考えると、なんか不安になったりして目指すに目指せない感じになってしまう。

でも、ちょっと考えたのは、フラーレンの化粧品をちょっと興味あるかもって思った。やるなら、炭素の化学。炭素については、マニアになろうかしら。

入りたいとしたら、化粧品業界、とか化学メーカーかな。花王とか、トップクラスだしね。P&Gとか。資生堂とか。


先生。

これは、教員免許が10年で更新というじゃないですか!!

それもなんかね。そこまで厳しい世界に首を突っ込みたくは無いんだよね。

そして、オレ自身はもっと新しい知識をどんどん学んでいって、積極的にその一線のエキスパートになりたい思考があるから、先生じゃ、ある程度の知識でストップしてしまうのがなんか嫌だ。


それに高校の化学は半分以上大学には役に立たない。それを教えて飯を食っていくのはなんか納得いかない。

公務員はどうだろう??

国家公務員なんて、かなり難しい。というか、もともと興味が無い。だから、なりたいとは思わないからダメなんだよね。


僕の趣味は、旅です。

旅行の企画とか、人に教えたりするのも好きです。

だから、今、ある国家資格の勉強を独学でやってます。来月試験です。


でも、旅行業者に勤めたいという気もあまりない。いろいろ調べたところ、JTBは離職率が三年以内では半分以上辞めていくらしい。それほど向き不向きがはっきりとした職種なのだろう。

あくまで、趣味の範囲での資格として、また、趣味であっても本気でやっていきたいと思っているから挑戦しているのである。そして、この手のことは旅行会社にも負けたくない!これくらい本気な趣味なのだ。


もともと、電車での旅が好きです。というか、オレの旅は電車以外に考えられない。


小学校のときに、初めて遠くの電車に乗った。いつもと違う風景。行きかう人々の違い、風土。すべてがいまでも憶えている。

感動だった。それ以来、今に至るまでずっと電車が好きです。



今は、とりあえず、資格の勉強をして、学校の勉強をがんばって、目先のことをがんばろうと思う。そして、いずれにしても、就職の知識を徐々にやっていこうと思う。

もちろん大学院のこともしっかり考えて生きたい。

とにかく今は、いろいろな考えられる全てのことを、調べ尽くすくらいに、二学期がんばろうと思う。



自分を大きく変えるであろう、20歳であると思うから。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[02/26 money with surveys]
[05/19 Backlinks]
[07/03 NONAME]
[06/30 ALPS]
プロフィール
HN:
ドコモだけ
性別:
男性
趣味:
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]